クラウドワークスのWEBライター検定3級を受けてみた

WEBライター検定3級の記事のアイキャッチ 資格

「クラウドワークスに登録したけれど、これといったスキルがない」

「文章なんて自分にかけるだろうか」

その気持ち、よくわかります。

「案ずるより産むが易し」

「チャレンジしないと何も変わらないよ」

そうは言っても不安は尽きません。

少しでも自信をつけるために、資格を取るというのも手です。

そこで、クラウドワークスのWEBライター検定3級に挑戦してみました。参考になれば幸いです。

そもそもクラウドワークスとは?

クラウドワークスとは、同名の企業が運営する日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

株式会社クラウドワークス | CrowdWorks, Inc.
株式会社クラウドワークスの企業情報サイトです。業界No.1のクラウドソーシング「クラウドワークス」をはじめ、人材ミスマッチを解消し、労働市場をアップデートする事業を展開しています。

クラウドソーシング

クラウドソーシング(crowd sourcing)は、直訳すると「群衆への業務委託」を意味します。インターネット上で不特定多数の人々に業務を発注する、アウトソーシングの一形態です。

インターネットに接続できる環境にあれば、いつでも気軽に仕事が可能です。副業したい人やフリーランスに人気があります。

WEBライター検定とは?

クラウドワークス公式スキル検定の一つです。登録するワーカーのライティングスキルを、クラウドワークスが保証してくれます。1級から3級まであり、3級は無料で受験が可能。合格するとワーカーのプロフィールにその旨が記載されます。

監修はコンテンツマーケティング企業のグリーゼです。

コンテンツマーケティングで人を動かす | 株式会社グリーゼ公式サイト
コンテンツマーケティングに関する実績多数。マーケティングオートメーション運用に必要なコンテンツ(コラム、調査レポート制作、取材/インタビュー)やメールマーケティングのご相談も!

講義動画

事前に講義動画を見ることができます。これが、かなりのボリューム。標準速度だと3時間かかります。私は2倍速で視聴しました。

内容は以下の4つ。

  1. 準備
  2. 正しい文を書く
  3. 読みやすい文を書く
  4. 分かりやすい文を書く

書く前に考えることから、技術的なこと、国語的なこと、法的なことまで盛りだくさん。動画が3時間にも及ぶわけです。

いざ、挑戦!

動画を見終えてお昼休憩をとったら、いよいよ試験に挑戦です。

マーク式の問題が全部で50問。講義動画を視聴していれば、それほど難しくはありません。1時間もかからず終了。結果はすぐに出ます。

無事、合格!!
プロフィールに記載される

まとめ

3級は基本的な知識を問うもので、実技試験はありません。無料ですから、クラウドワークスに登録したら受けてみてはいかがでしょう。

なお、2級は10,000円、1級は25,000円の受験料がかかります。

コメント

  1. […] クラウドワークスのWEBライター検定3級を受けてみた「クラウドワークスに登録したけれど、これといったスキルがない」「文章なんて自分にかけるだろうか」その気持ち、よくわかりま […]

タイトルとURLをコピーしました