HTML文書の枠組み

HTMLはHyper Text Markup Languageの略で、主にwebサイトに文章や画像を表示するための言語です。プログラミング言語ではなく、マークアップ言語(文章構造などを記述する言語)のひとつです。webサイト作成に必須の言語であるHTMLの基本的な書き方を、ご紹介しましょう。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

</head>
<body>

</body>
</html>

<!DOCTYPE html>

この文書が、HTML5で作成されたものであると宣言するためのコードです。DOCTYPE宣言が行われたファイルでは、HTML5のルールに則って記述しなければなりません。

<html></html>

「このタグの中は、HTMLで書かれている」ということを示しています。HTMLでは、タグ(<></>)と呼ばれるものの中に文章等を書きます。

<head></head>

headタグの中には、その文章におけるメタデータを記述します。例えば、タイトルやリンクなどはここに書きます。

<body></body>

この中に文書の本体を記述します。ブラウザに表示されるのは、この部分です。

HTML文書の枠組みは、このようになっています。具体的な書き方は、またの機会にいたしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました