if文を使った条件分岐[JavaScript]

if文を使った条件分岐[JavaScript] JavaScript

JavaScriptでコードを書いていると「条件によって処理を変えたい」と思うことがありますよね。

そんなときに使うのが「if文」です。

基本的な使い方を押さえておきましょう。

if文の書き方

基本となる書き方は、以下の通りです。

if(条件式) {
  処理;
}

条件式が真(true)の場合、処理が実行されます。偽(false)の場合は実行されません。

例1
let score = 80;
if(score >= 80) {
  console.log('合格です!');
}

// => 合格です!

条件式が偽の場合の処理

条件式が偽だった場合の処理を記述するには「else」を用います。

if(条件式) {
  真の場合の処理;
}else{
  偽の場合の処理;
}
例2
let score = 70;
if(score >= 80) {
  console.log('合格です!');
}else{
  console.log('不合格です。');
}

// => 不合格です。

複数の条件を設定する

複数の条件を設定する場合「else if」を使用します。「else if」は幾つでも用いることが可能です。

if(条件式①) {
  条件式①が真の場合の処理;
}else if(条件式②) {
  条件式②が真の場合の処理;
}else{
  全ての条件式が偽の場合の処理;
}
例3
let score = 70;
if(score >= 80) {
  console.log('合格です!');
}else if(score >= 70) {
  console.log('あと一歩です。');
}else{
  console.log('もう少し頑張りましょう。');
}

// => あと一歩です。

まとめ

  • 条件式が真の場合の処理は、ifのブロックに記述
  • 条件式が偽の場合の処理は、elseのブロックに記述
  • 複数の条件式を設定する場合は、else ifを使用

以上が、if文の基本的な使い方です。

あなたの毎日がハッピーでありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました