Canvaで簡単!アイキャッチを作ろう!!

Canvaで作ったアイキャッチ デザイン

ブログを読んでもらうにはアイキャッチが大事です。とはいえ、なんだか難しそう。

「アイキャッチってそもそも何?」

「センスがないから……」

「PhotoshopやIllustratorは高いし……」

心配になるのも無理がありません。

しかし、ご安心ください。この記事では、無料で簡単にアイキャッチを作れるwebサービスをご紹介します。読み終わる頃には「アイキャッチ恐るるに足りず」と思うこと請け合い。

まずは「アイキャッチとは何か」から始めましょう。

アイキャッチは「ブログの顔」

アイキャッチとは記事の初めに入れて読者の興味を惹いたり、記事の概要を表したりする画像のことです。

情報で溢れかえっている現代、スマホやPCのユーザーはまず視覚で情報の取捨選択をしています。ということは、ブログ記事を読むかどうかはこの画像で決まると言っても過言ではありません。それほど重要なアイキャッチはまさに「ブログの顔」と言えます。

アイキャッチを簡単に作れるCanvaとは?

そうは言ってもいざ自分で作るとなると、どうしたらいいかわかりませんね。もちろんPhotoshopやIllustratorを使えば作れます。しかしこれらのソフトは高価です。

「そこまでお金はかけたくないなぁ」

そんなあなたにぴったりのサービスがCanvaです。無料でも使えるグラフィックツールで、画像の加工やイラストの作成が簡単にできます。

Attention Required! | Cloudflare

実際に本記事のアイキャッチを作ってみましょう。

アイキャッチ作成の5ステップ

Canvaでアイキャッチを作るには、次の5つのステップを踏みます。

  1. 登録
  2. 画像サイズを選択
  3. レイアウトを選択
  4. テキストを入力
  5. ダウンロード

Canvaに登録

まずは登録です。
Google、Facebook、メールアドレスのいずれかで登録できます。
私はGoogleアカウントで登録しました。

画像サイズを選択

登録が済むと、home画面に遷移します。

今回はブログのアイキャッチ を作るので、Blogバナー(560 × 315px)を選択。

すると作成画面に移動します。

レイアウトを選択

画面左のタブからテンプレートを選択します。
Canvaは最初からオシャレなレイアウトが揃っているので「センスがない」なんて気にする必要はありません。無料のものと有料のものがあるので、注意してください。

写真を使うこともできます。こちらも無料のものと有料のものがあります。

テキストを入力

テキストタブをクリックして、テキストを入力します。画面上のツールバーで装飾も簡単。

完成したらダウンロード

画面右上の「ダウンロード」をクリックします。ファイルの種類はPNGが推奨となっています。

この記事の先頭を見ていただければ、作成した画像がアイキャッチになっていることが確認できます。

まとめ

Canvaを使えば簡単にアイキャッチを作れることが、おわかりいただけたでしょう。
画像サイズをカスタマイズしたり、手持ちの画像を加工したりもできるので、アイデア次第で表現の幅がグンと広がります。

読者のアイをキャッチして、充実したブログライフを送りましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました