UIとUXの違いとは?

UIとUXの違いとは?の記事のアイキャッチ デザイン

「このサイトはわかりやすい!」

「オシャレだけど使いにくいな……」

普段webサイトを使っていて、このように思うことはないでしょうか?いったいどこに違いがあるのか?それを理解するために欠かせない概念が「UI/UX」です。しばしば混同されがちなこの2つについて、わかりやすく解説いたします。

UIとは?

UIとはUser Interfaceの略です。Interfaceは「接点・境界面」という意味ですので、UIは「ユーザーが実際に見たり触れたりする部分」のことです。

例えばwebサイトを閲覧するとき、その画面上で見られる情報(フォント、画像など)は、すべてUIです。

UXとは?

UXとはUser Experienceの略です。Experienceは「経験・体験」という意味ですので、UXは「ユーザーがモノやサービスに触れて得られる経験」のことです。

例えばwebサイトを訪問して「フォントが見やすかった」「画像がわかりやすかった」という感想を持ったとしたら、それがUXです。

他にも「対応が丁寧だった」「商品がすぐに届いた」といったサービスに関わることもUXに含まれます。

商品やサービスについてユーザーが感じることすべてがUXなのです。

UIはUXを高める要素の1つ

UIとUXはセットで語られることが多いものの、上記のような違いがあります。

UIはUXを高める要素の1つにすぎません。いくらUIを良くしても対応がいい加減だったり、商品がなかなか届かないようではUXは高まらないのです。UIを考える際は、いかにUXに資するかを意識しましょう。

UI/UXデザインで意識する点とは?

UI/UXデザインで最も大切なことは、ユーザー目線で考えることです。ユーザーにメリットをもたらさなければ、デザインではありません。

では、デザインの中心には何が存在するか? 長年、デザインと対峙してきた我々が導き出した答えは「ヒト」です。それは時に「ユーザー」という言葉で語られ、時には「社会」という大きな言葉で語られますが、デザイナーが何か新しい物事を設計する際には必ずその中心軸に「ヒト」または「人々」が存在し、そして「そのヒト(人々)には何が必要だろうか?そして、何を設計するべきか?」を考えます。これが、現代の「デザイン」という言葉の定義において最も重要な中心核だと我々は考えています。
「常にヒトを中心に考え、目的を見出し、その目的を達成する計画を行い実現化する。」この一連のプロセスが我々の考えるデザインであり、その結果、実現化されたものを我々は「ひとつのデザイン解」と考えます。

引用元:公益財団法人日本デザイン振興会(https://www.jidp.or.jp/ja/about/firsttime/whatsdesign)

ユーザー目線で考えるための1つの方法として、その商品・サービスのターゲットとなるユーザーの年齢・性別・職業などを細かく設定した「仮想ユーザー(ペルソナ)」を作るというものがあります。ペルソナを詳細に設定するほど、ユーザーを具体的にイメージしやすくなります。

まとめ

  • UIはユーザーから見える部分
  • UXはユーザーが商品・サービスから得る感動体験
  • デザインの中心には常にユーザーがいる

webデザインで成果を出すにはUI/UXの理解が欠かせません。あなたが良いクリエイターになる参考となれば幸いです。

コメント

  1. […] UIとUXの違いとは?「このサイトはわかりやすい!」「オシャレだけど使いにくいな……」普段webサイトを使っていて、このように思うことはないでしょうか?いったいどこに違いがあるのか […]

タイトルとURLをコピーしました